深くポーズをとる

ひとつのヨガのポーズを
満足するまでゆったり呼吸をしながら保持して
時間を忘れる位キープして
体の感覚をあじわうのが好きです。
普段の教室ではなかなかそこまでできないのですが
体の深い部分を感じることができて
体の深い部分までリフレッシュできて
心のお洗濯まで出来ると感じます
ひとつのポーズに集中することで瞑想状態になります
このあたりがヨガとストレッチの大きな違いになります
じっくりと身体の声を聞きながら
じっくりと可動域を感じながら
0.1mmでも、0.01mmでも
可動域が広かると
心も身体も柔らかになり
さら~っと
表面をなぞってポーズをとった時とは
身体の深部の感覚が違います
数ヶ月のレッスンでは
なかなか味わえないかもしれませんが
同じポーズでも
何年しても新たな発見があって
ビックリすることがあります。
折り紙の折り目を正すような
洗って、シャツにアイロンかけるような
自然な状態にリセット出来る
自分にとってのヨガはそんな存在です。