O脚にならない体の使い方

体験レッスン募集中


ふと気がつきました。長年かかっての自分の体の外面の変化です。
普段、3~5センチ程の、ヒールが安定した靴を
かかとを修理しつつ、結構長い期間、履きます。

もともとO脚ではありませんが
靴の外側後ろが減るので
しょっちゅう修理をしていました。

それが
靴の踵が、減らなくなってきたのです。
何となく気がついていたのですが
確実に変化しています。

とても嬉しい発見です。

多くの方が、外側が減ると思います。

長い時間をかけて
日々の生活の中でも
脚の使い方が
少しずつ 本当に少しずつ
矯正されたようです。



生徒さんが
片足立ちポーズの時に
ポーズをより完成度をあげようと
試みる時には

ほとんどの方が
軸がずれて
足の小指側の側面で
重心をささえようと
します

そうならないように
軸がまっすぐ
床に対して直角に
地面に突き刺さるようにポーズを保つには
お腹に力が入らないと出来ないし
かなりの集中力が必要です。

自分でもその辺りを
より気をつけるように
ここ数年
微妙な所を
感じながらヨガをしていました。

普段の生活の中でも、思い出した時に
注意をしていました。

ヨガを長く、続けていたら
ご褒美がやってきた気分です



体験レッスン募集中

呼吸

体験レッスン募集中


呼吸は普段意識をしないけれど
100%使えるうちの、半分も使っていません

肺を隅々まで使って
酸素やプラナーを沢山取り入れる
イメージで初めの完全呼吸法を
行います

普段意識をしないから
深く深くなんて意識をしすぎると
返って、息苦しくなることもあります

慣れてくれば
ちょっと、疲れたな、気が上がってるな
ちょっと落ち着かないな
などと感じる時に

いつでも何処でも
普段よりふかく呼吸をする事で
落ち着いた自分に戻ることができます

色んな呼吸法がありますが
深くする事は共通です

普段は肺の半分も使っていないので
ゆっくり息を吐いて吐いて吐き切り
自然にお腹を緩めると空気が入ります

吐き切ると
肺の隅々まで使うように感じます

出来れば空気の綺麗な所で行うのが
理想ですが
電車の中、コーヒーショップで
いつでもどこでもできます

26c1535ecb46c9b7446afd63fbc56f75_s.jpg

最近、両親に深呼吸をしてもらって
それを見る機会がありました
80を過ぎた両親は
若い方とは肺の膨らみ方が
大きく違いました

横隔膜?肋骨?
柔軟性がとても少なく
空気の入る量が減るのだと
観察していました

ですから、深呼吸は
ほんの数分でも習慣化しようと思いました

体験レッスン募集中

自然の恵み


裏庭で実った夏蜜柑
林の葉っぱの腐葉土でスクスク育ちました
ほどんど世話なしの放置

レモン絞りでギュッと絞ると

細胞が喜ぶジュースの出来上がり
あ~~美味しかった