身体も魂も巡る

出産と介護の両方に同時に関わる
数週間です

人生の終わりに向けて頑張っている義父
できない事が1つ1つ増えて
それを認めて
現在と過去の境目がなくなり
頭で考えなくなり、人に委ねる

そして、生まれたばかりの赤ちゃん
一生懸命生まれてきて
オッパイを飲むのが仕事
できる事が1つ1つ増えていく

シワシワで段々と小さくなる義父
プクプクで丸まってお腹にいた赤ちゃん

歩けなくなり背中が丸まる義父
丸まってお腹に居たのに
これから座り、これから背筋がのびてゆく赤ちゃん

柔らかな物しか食べれない義父
今は、乳しかのまないけれど、
段々、硬いものを食べるであろう
赤ちゃん

身体も、魂も、循環しているのだな~~と
日々感じながら過ごしています。

ヨガとBSセラピーとミネラルと
ブレインスイッチボックスで
サポート体制を保っています(^-^)/

野菜ゴミをベランダで土に還す

野菜ゴミをベランダでリサイクル、再チャレンジ中です。
今までの、生ゴミリサイクルチャレンジと多くの失敗談は下記のとおりです。



循環、微生物に興味があること

失敗談 その1
2階に住んでいるので、階段と玄関のドロドロ掃除が大変になり、断念。勝手口がキッチン裏にある人向き。

失敗談 その2
これも、なにかの理由でベランダに置くことは断念して裏庭に出したら、袋の中には虫が入らなかったが、周りに、団子虫、アリンコ、その他ウジャウジャ虫がやってきて、ビックリして、そのまましばらく放置。

基本パターン これを改良中



ちょっとしたコツ
★容器底にも通気性があること。バケツなら穴をあけ、
底は不織布を敷いて虫予防。
★野菜ゴミは細く切ると早く土に還る。
★毎日、食事を作る方は、大きな鉢かバケツが3個は必要。
★容器は土の量を半分くらいにした方が混ぜ易い。
★乾燥した土に、野菜くずを混ぜていき、
数日で泥が湿ってきたなと思えば、後は熟成期間。時折混ぜる。


虫が入らないために
★虫が入らない様に、ストッキングでフタ。
これはかなり良い感じ


臭わないために
★土と混ざっていれば、大抵の場合臭わない。
★動物性のゴミは臭い易いので控える。
★水分が増えすぎると酸素が混ざりにくく、匂ってくる。
★雨を避けるためのフタが必要。
★スイカの皮はスライス、塩を揉んで、水分を減らしてから土に混ぜてみました。


うまくいけば
★うまくいけば、はじめに埋めた生ゴミは分解され、
水と二酸化炭素に分解されるので、3個の容器をローテーションすれば良い。
★生ゴミは半分以下に減り、快適なキッチン。

今回は続きそうな予感です。

お腹の赤ちゃんとYOGA


出産予定日、数日着のEさん
メダカちゃんの様な姿でヨガをしています。
ヨガ歴が長いので、身体と相談しながら
出来るポーズを、出来るところまで
 
このポーズはお腹があたってここまで
本当はもっと頭を下げて
お尻や、モモの後ろを伸ばしたいらしい

このポーズは気持ちが良いそうです。
腰痛緩和に役立っている様子です。
出来るところまで
少しずつの例でした。