教室でするポーズ 

こちらの教室で行うポーズは、NHK出版の下記の本に出ているポーズと同じです。
写真のモデルさんのポーズは美しく、こんな風にやりたいけれどできない!!
と思ってしまいますが、出来るところまでをするのが大前提です。

   

なぜか持っている中型免許

体験レッスン募集中 Iphone でご覧の方はPCヴューにてHP全体をごらんいただけます。

(c) .foto project


自分はバイクに乗らないのに
なぜか中型400ccの免許を持っているのです
身長が150センチを切っているので
日本での取得は不可能らしい

むか~し、アメリカに住んだ時に
バイク好きの主人からの誕生日プレゼントで
なぜか免許をとるハメになったのです


講師は、ハーレー大好きおじさんたちで
ドッ、ドッ、ドッと大きなバイクで集合して
スタジアムで教えてくれるという
1週間ほどのプログラムでした。

そのコースに出席して、その場で試験を受けて
本当に免許をもらっちゃいました。

講義は、日常英語がやっとなのに
バイクの専門用語などもってのほか
英語が方言でミャ~ミャ~なまっていて
ますます分からないし

まわりは
アジアの人とは話したことないであろう
地元の人ばかり

分からなかったらなんでも聞いてねと言ってくれるけれど
何がわからないのかがわからない~
涙がでてきました。

チンプンカンプンの講義の次は
実技で、バイクにまたがると
足が地面につかない!!!
お兄ちゃんにささえてもらいました
考えるだけでマンガチック

一見怖そうなハーレーおじさんは
私の為にポケットマネーで
日本人の通訳を試験に呼んできて
そのおかげで合格しました

ハーレーを見るたびに
免許の更新の度に思い出して
心が温まるのです

でもバイクは一度も乗っていません

四ツ谷 エイトスターダイヤモンド

体験レッスン募集中 Iphone でご覧の方はPCヴューにてHP全体をごらんいただけます。

久しぶりに
四ツ谷にエイトスターダイヤモンドの
ショールームにヨガの友人と行ってきました。

貴金属に興味はないのですが
すべての色を含む白い光
分光して七色にキラキラ輝くダイアは
綺麗だな~と思います。

エイトスターダイヤモンドの
名前の由来は
8本の矢

キチンと磨かれたダイヤモンドは
上から入ってきた光がもれることがなく
跳ね返り輝きます。

ある道具をつかってダイヤを見ると
綺麗に8本の矢が見えます。

ここの社長は現在の場所で
全く違う事業をしていたのですが
ある方が販売を依頼してきた
ファイヤースコープ(上記のある道具)
と呼ばれる道具により、人生の方向が変わりました。

社長はジュエリーなど興味がなく
とんでもないと断り続けましたが
依頼者の熱意に負けて
販売を引き受けることにしました。

ファイヤースコープを持って
宝石店に売りに行きましたが
全く売れません。

光が抜けることなく
見る側に跳ね返ってくる
8本の矢が見えるキチンと磨かれたダイヤモンドは
店頭にはほとんどなかったので
宝石店にはかえって迷惑な話だったのです。

日本になければアメリカへと
キチンと磨かれたダイヤを探しましたが
殆どありませんでした。

一般的にダイヤモンドはカラット数が
大きい方が高価です。

ダイヤの原石を捨てる部分を少なく
いかにひとつひとつのカラット数を大きくするのかが
売る側にとっては重要視されています。

キチンとすべての光が跳ね返るカットに仕上げるには
無駄が多くコストがかかります。

求めるダイヤがないならばと
地下にダイヤを磨く場所を作り
完璧に磨き上げられたダイヤモンドを
作るという道に進む流れとなり

いっさい広告をせず
お客様の口コミだけで
続いている会社です。

キチンと磨かれたダイヤモンドは
その後
人を中庸な状態にするなどの事がわかり
進化を続けているダイヤモンドです。

饅頭の夢

体験レッスン募集中 Iphone でご覧の方はPCヴューにてHP全体をごらんいただけます。

饅頭の夢
少し前にみた鮮明な夢の話です。
大きなUFOのようなお饅頭が出てきました。
そのお饅頭は、

色とりどりの、餡子と皮で

何層にもなっていて
味は塩瀬のお饅頭のような味

皮はモッチリ、中は上品な漉し餡
夢の中で

私はこんな風に

ひと皮ひと皮

色んな味の人生を味わっているんだな

と思っていました。

そして、その一皮一皮は

こうでなければいけないとか

こういう決まりとか

知らないうちに

自分を縛り付けているもので
一皮一皮、味わって食べていくと

お饅頭は小さくなり

食べつくすと何もなくなる

ゼロになるのだなぁと

お饅頭を眺めました。
色んな事を味わうために生まれてきたんだなぁ

と夢の中で思っているのです。
しばらくすると

お供え餅を乗せる台(三方)の上に

綺麗に青く輝く地球が置いてありました。

不思議な夢でした。

ご縁、いくつか

体験レッスン募集中 Iphone でご覧の方はPCヴューにてHP全体をごらんいただけます。

その1

私が結婚するときに
両親が主人の家に挨拶に行った後で

あそこは行った事があると首をかしげ

記憶を辿ると、両親がお仲人をしたときに
お世話をした新郎新婦の親に挨拶に行ったお宅は
主人の実家(いま私たちが住んでいる家)の隣のお宅でした。



。。。。。。。。。。

その2

現在、鵜の木という場所で、あるプライベートレッスンを受けているのですが
昔、鵜の木のおばさんと呼んでいた
父の叔母がいて
遊びに行ったボンヤリした記憶があり

父に電話をして記憶を辿ると
60年以上前に

父が、北海道から大学受験の時に東京に出てきて
下宿していた父の伯母の家が

今の私がレッスンを受けている家のお隣でした。
細い路地に井戸があり
その井戸の辺りで遊んだ記憶があります。

。。。。。。。。。。

こんな事は、ふとしたキッカケで
ゴロゴロと出てくるのでしょうか?

。。。。。。。。。。

その3

もう一つ思い出しました。

あるカルチャースクールで

講師をさせていただいた時の話です。
1年も過ぎた頃、生徒さん同士、お盆にお里に帰る話となり

えっつ、九州から始まり

えっつ、あそこの◯◯さんの

小学校の同級生同士でした。

。。。。。。。。。。

ご縁ってあるのですね~

写真展

体験レッスン募集中 Iphone でご覧の方はPCヴューにてHP全体をごらんいただけます。

地元綱島、
井上胃腸科、井上冬彦先生の
アフリカの動物の写真展を見て。。。


可愛らしい写真から
ドキッとする写真まで
”いのち”がテーマの
アフリカの動物たちの写真を楽しんできました。

出産にも何度も立ち会うが
すぐに狙われて食べられてしまう赤ちゃんもいる
運良く生き残る動物の赤ちゃんもいる


そして、動物の母が子供に尽くす姿を
美化しすぎてはいけないと
ホルモンがそのようにできている
と書いてあったことはとても新鮮。


入って一番はじめの部屋にあった文章には、
ジル・ボルト・テイラーさんのお話し
この話は、以前に感動して
深く胸に刻み込まれているので
さらに嬉しくなった


写真を見てはコメント文章を読み返し
涙腺がゆるんだ
自分だって大自然の一部だと感じた
生きる事、死ぬことの境目は
自然界にはないと感じた。
本当は人間にも無いのだ。


生と死には終わりがなく、循環している。
ミクロな世界では、微生物が
たえずその時の環境に合わせて
菌が死んだり、産まれたり
循環を繰り返している。


生き物が大きくなると
そのことに対する感情が違ってくる


人間となるとさらに違ってくる


医療や科学が発達したのは素晴らしいことだけれど
人間の欲により地球の循環がおかしな事に
なっているのではないか?といつも思う。


展示の文章から
医療のあり方も含めて
ご自身に問いかけながら
真摯に進んでいらっしゃる事が伝わってきた


アフリカの動物たちの写真を見て
普段より大きな視点から
世の中を眺める事ができた半日でした

朝のスムージー

体験レッスン募集中 Iphone でご覧の方はPCヴューにてHP全体をごらんいただけます。


1日のスイッチON

ココに

ミネラル、レモン汁、人肌の豆乳を入れて

ブ~~ン

毎朝の習慣です