不食の人

プラナーという言葉を聞いたことがあるでしょうか

元気の気

病気の気

氣功の気


プラナーからエネルギーを得ているので
食事をしなくて大丈夫な人

あまりに不思議な話なのですが
そのあたりは主催者がどんな団体か
その人の著書を読んでいること
直感でエイッといってきました。

年齢は50前??
ちょっと痩せているけれど
顔にシミ一つない
悪いものがなにも溜まっていない
とてもとてもピュアな方でした。

秋山佳胤先生
本業は争わない円満解決の弁護士さん

まさに
百聞は一見に如かず 

なにからなにまで
え~~という感じですが、

そうなるにいたった経緯
体験と共に、淡々と
優しい笑顔で語ってくれました。

ロータスコーヒーの焙煎、販売もしていて
豆を選別しているときが瞑想の時間

私たちも何かに一生懸命になっているとき
食事をすることも忘れてお腹が空かないとき
そういう時は
私たちもプラナーを無意識でとりいれているということです。

そういう方をこの目で見てきて
そんなこともある時代なのだと思いました。

食事に費やす時間は買い物~洗い物まで入れると
そうとうですからやりたいことが沢山ある人には魅了的な話です。

人は消化と排泄に大変なエネルギを使うので
それを使わない分
頭も明晰で体も軽く
食べないと
眠る時間も少なくてすむとのこと

食事をとりすぎて体調の悪い場合の方が多いですから
食事を軽くしていく事ですこし近づけるように思いました。

しかし
お役目のあるかただからこそであり
普通の人は
時間があまって仕方がない
という状態になるようです。

もしももしも
ご興味のある方は
にんげんクラブ
イベントカレンダーより
今月末の水曜夜に
講演会があります。

秋山先生の講演会

循環

小学生の時に子供科学館で
しっかりと封印されたアクリルの大きな球の中に
水と水草とメダカが入って
メダカが元気に泳ぎ回って
エサは与える必要のない水槽が
不思議でそのまえから動けなくなった記憶。


植物が光合成をして酸素をだして
メダカがそれを取り入れる
フンをする
微生物が育つ
うまくバランスをとりながら
何年もそのままで大丈夫
子供ながらに、
地球はこんな風に循環していれば
ずっとずっとだいじょうぶなんだなぁ
不思議でずっとながめていたっけ


知人がチベットへ旅行した時
大きな大きな赤い太陽が昇る中
村の人々が畑のなかに入っていく姿
跡から考えると用を足しに入っていた
自然のトイレ。。。
わけもなく感動して涙があふれてでてきたそうだ

糠床(ぬかどこ)と仲良しになれて
微生物すごいと感動
その時に必要な菌が現れて
常時バランスをとっているらしい

台所の生ごみを土に混ぜる簡単なコンポストを作った時も
毎日混ぜると発酵し最後はふかふかの土になり
微生物と循環に感動

一昔前のように人間の排泄物を寝かせて畑に戻していけば
多くの物質が循環して土も人間にも良い状態になるんだろうなぁ。

庭のある方は成るべく野菜ゴミを掘って埋めたら
ベランダでお茶や珈琲のごみをリサイクルしたら
生ごみは減り、良い循環に近づくのではと

微生物、循環について、いつもいつも
考えています。

井戸の再生

義父が昭和の初めに
生活のために掘った井戸
我が家の片隅にあります。

ポンプが壊れたまま
あまり使わないでいました

井戸やさんにお願いし
少々費用がかかりましたが

中の掃除
手動ポンプをつけて
見事に復活

もしもの時には洗い水
煮沸をすれば飲めるので
ほっとしています。

井戸屋さんに教わったのですが
基本、井戸は掘ったら閉めない

閉めるときには
ものすごい長い時間をかけて
水が出てこないようにする

マンション建築のために
井戸を重機で壊して
簡単に埋めると
価格は安く済むけれど

後から水がでたり
トラブルになることがあるようです

いまどき井戸に恵まれたことに
深く感謝の気持ちです

家の裏にはUの字に掘られた
防空壕もあります
こわくて入った事がありません

塩とお酒で職人さんと
お清めをして
気持ちがスッキリしました

氣功と瞑想体験

隣町に
氣功&瞑想の体験レッスンに
いってきました。

もくもくハウス
自然素材にかこまれた室内は
底冷えすることなく
ホットする空間でした。
YOGA,氣功、太極拳、武道、瞑想
深いところで共通点があるのだろなあ

氣、丹田

こんな時間もいいなあ

何より
素晴らしいのは

ケンちゃん
家つくりに
自分の考えを反映して

従業員
イベントに参加する人
ベジタリアンのカフェ
実現している方

そして
自然素材を身にまとい
子供のような笑顔で
仕事をしている?楽しんでいる?すがた

これでいいんだね
しあわせな空間です。