食品の腐敗

微生物の作用で食品の成分が変化して
食用に適さなくなることを
腐る といいます。

主に
タンパク質や
アミノ酸
核酸
などの窒素化合物が分解されて
アンモニアや硫化水素などの不快臭をはっしたり
有害物質が作られます。

一方
糖質や脂質が分解をして食べれれなく変わっていくときは
有害物質が少ないので、変性という場合があります。

微生物の働きによっておこる腐敗は
自然界の物質循環では重要な役割を果たしている。
森に落ち葉がたまり、動物の遺骸、フン

それらはいつの間にか姿を消して土に戻る

自然会にとっては不可欠のものであります。

酸素を嫌う微生物がいます

普通、生き物は酸素がないと生きていけませんが

微生物のなかには無酸素の状態で
有機物を分解してエネルギーをつくり生きる物があります。
(嫌気呼吸)

嫌気呼吸では好奇呼吸(酸素のある状態で微生物が有機物を分解)
と違ってさまざまな中間物質を生じます。

この中間物質が、人間に都合が良いものを発酵といい

人間に都合の悪いものを腐敗と言います。
(悪臭、有害物質を生じる場合)

発酵を起こす微生物・・・・・酵母菌 乳酸菌 酢酸菌 納豆菌など 
善玉で人に役立つものを作ってくれる。

腐敗を起こす物質・・・・・腐敗細菌 カビ 病原菌 
悪玉で人に悪さをするもの。

けれど
発酵も腐敗も同じもの
人間に有利な物は…発酵
人間に不利なものは・・・腐敗

発酵と腐敗は
人の生活では天と地ほど違うことに感じるけれど

微生物の本質から見れば
決して差のあるものではなくて
結果としてそうなっただけなのです。

興味があること

微生物とか発酵とか

腸内フローラとか

糠漬けとか

ヨーグルトとか

とってもとっても興味があり

何度も本を読むのに

いつも

右から左で忘れてしまうので

繰り返し読めるようにまとめてみます。