㉓ そして今

アメリカは世界金融危機で衰退
アメリカ国民はイラク戦争に疲れ
イラクからの撤兵を掲げるオバマ大政権が成立。

:::::

米軍撤収後のイラクでは
多数派のシーア派政権
対する
スンナ派+クルド人の反発

:::::

内戦が続く隣国シリアからは
スンナ派の原理主義武装組織 ISISが流れ込み
シリア、イラクにまたがる
イスラム国家の樹立を宣言するなど混乱が続いています。

:::::

彼らは
百年前にイギリスフランスがひいた国境を無効にしたいのです。
ポイントです。
:::::

民族や宗派の分布を無視した植民地時代の国境線が残る限り
中東戦争は解決しないのです。

㉒ 911テロ

2001年  911テロがおこります。

米ブッシュ政権は
アルカイダとフセインが手を組んだ

イラクは、核兵器、化学兵器、を持っていると主張して
イギリスと共にアフガンを攻撃,イラクにも攻め込みます。

イラク戦争(2003~2011)

:::::

アメリカ軍はサダム・フセインを逮捕し、絞首刑に
しかし
その後の調査では、大量破壊兵器はなかった。
アルカイダとのつながりもみつからなかった。

:::::

イラクの革命政権が倒れて
親米政権になったのです。

:::::

そうなると・・・・
あと、反イスラエルの国は

リビアのカダフィ政権
シリアのアサド政権

ともに中東最後の独裁者といわれ
アラブの春と言われる民主化運動で揺らぎ

カダフィは内戦で暗殺
シリアも泥沼の内戦が続いています。

エジプトのサダト大統領は暗殺されます。
次のムバラク大統領は
アラブの春でひっくり返されます。

:::::

アラブの春を主導したのは
☆欧米諸国の支援を受けた人たち
☆イスラム原理主義勢力

ここややこしいです

:::::

民主化したら
原理主義が台頭したなど
エジプトは混乱

:::::

なぜアフガンに攻め込んだのか??
調べ直します。
社会主義打倒?? 
アルカイダがらみ??
反、米国??

㉑ イスラム原理主義

ソ連がアフガニスタンに負けた理由は

アフガニスタンの民衆を味方にできなかった。
イスラム教徒を理解できなかった。

世界各国から義勇兵が駆けつけました。
民衆の支持を得ます。

サウジのワッハーブ派も
たくさんの義勇兵を送ります

:::::

そのなかに、若き日の
オサマ・ビン・ラディンがいたのです。

:::::

サウジの財閥の息子でもある
オサマ・ビン・ラディンは
莫大な資金を投じて
ゲリラの本拠地を作ります。
アルカイダ(基地)

:::::

ソ連軍の撤収は
無神論ソ連に対する
聖戦の勝利でした。

:::::

アルカイダは次の標的として
アメリカの攻撃を開始します。
イスラム原理主義の台頭です。

:::::

世界から義勇兵が駆けつける??
世の中に不満をもった若者たちが
こんなところにエネルギーをぶつけてしまうのでしょうか??
イスラム教徒でなくても集まってくる。

⑳ 湾岸戦争

ソビエトが崩壊すると
軍事支援に頼っていた
イラクはイランとの戦争に勝てない。
イランは大油田国
イラクは油田があまりない

:::::

フセインはクウェートに目をつけました。

この国クウェートはイギリスが油田を抑えるために
現地の部族長を王にした国です。

フセインから見ると
同じアラブで
しかも油田を持っている
弱そうだから攻めてしまえと、なりました。

:::::

クエートの油田権利を握るイラクなんて
アメリカとイギリスは黙っていません。

:::::

湾岸戦争です。(1991)

:::::

これはかなり記憶にあります。
米国に住んでいた時期なので
若者が戦争に駆り出されている
空気を感じていました。

⑲アラブの春とはなんだったのか

歴史が大の苦手な私が中東を理解した気持ちになった本
‟世界史講義”茂木誠(予備校の先生)を参考にまとめています。


アラブ諸国では民族主義が盛り上がったのですが
支えたのはソ連からの軍事援助でした(??)

しかしソ連経済は、疲弊
(計画経済の失敗とアフガニスタン戦争の泥沼化)
アラブ諸国を支援する力はなくなった。

:::::

冷戦の終結

:::::

1991年にソ連は崩壊

:::::

アラブにはソ連からは武器が来なくなる
アラブ人民主義は下火になります

:::::

アメリカにとってはチャンスとなります
エジプトに、もうソ連は持たないから
イスラエルと和解するよう求めます。

スエズ戦争以来
イスラエルにずっと勝てないでいたエジプトは
米カーター大統領の仲介で和解します。

キャンプ・デーヴィット合意
はじめて
アラブの国エジプトがイスラエルを承認したのです。

:::::

米クリントン大統領は、PLOのアラファト議長とイスラエルを仲介
オスロ合意
激しい反イスラエル闘争を展開してきたアラファトが
イスラエルを認証しました。

パレスチナの一部の自治権を得ることで合意

:::::

最後までアメリカに逆らったのがイラクです。
絶対に認めない・・・・サダム・フセインです。
ソビエト型の社会主義、アラブ民族主義、世俗化を進めました。
(イスラム教を廃止、女性はベールをとってよい)

:::::

ここも大きな4流れの変化です。
アラブ人を追い出して国をつくった
イスラエルを認めざるを得ない国々がでてきました。

イスラエルからしたら2000年前に追い出されたから
もどってきて何が悪いのという感じかな