ライフワーク


体験レッスン募集中
〜〜静かに40年以上続く、東横線綱島のレトロなヨガ教室です〜〜








~~~~自分自身でいるための、3つのツールをライフワークとしています~~~~

綱島YOGA
心と身体のメンテナンス
お問い合せは”綱島YOGA HP”内、問い合わせ窓口よりどうぞ。

ヨガのプライベートレッスンも可能です。今までポーズがあっているのか?疑問を持ちながらしている方。流派は違っても抑えるポイントは同じです。出張可能です。

ライオンあくびYOKOHAMA HP (BSセラピー)
アクビの動きで、手の届かない、生きていくうえで大切な脳幹を活性化、脳内YOGA
お問い合わせは、”ライオンあくびYOKOHAMA HP”お問い合わせ窓口よりどうぞ。

ハーモニーオブカラー
本来の自分を生かす色と心地よく暮らす
お問い合わせは、”ライオンあくびYOKOHAMA HP” お問い合わせ窓口よりどうぞ。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


YOGAの歴史や、より詳しい事を知りたい

さまざまなヨガがありますが、

ずっとたどっていくと、ルーツは同じだと思われます。

インドのグル(師)たちが
このままでは、世界は、地球は大変なことになる。。。と
数十年前にアメリカに(欧米に)弟子を送り始めました。

その後、様々に枝分かれをして色々なヨガがありますが
体を動かすYOGAはハタヨガです。

YOGAは大きなひとつの哲学体系のようのもので
生きていくうえで必要なすべてを含んでいるのですが

その中で、本来は、瞑想に向けて
瞑想に耐える体を作っていくものがハタヨガと言われています。

現代では
健康法としてハタヨガが広く普及しています。

ハタヨガをすることは
動く瞑想をするともいわれ
体を鍛えながら自然と心も整っていくと感じています。


下記のリストはヨガナンダの一番下の弟、ビシュヌゴーシュの弟子、
ビクラム氏の著書を参照しています。こちらのヨガはその系統です。


ブログに更新した内容を
読みやすいように順にならべてみました。


ブログでは逆向きになっています。


日本語訳のない本でしたので
英語が不得意な自分が
ある本を翻訳したので
かなり読みにくいですが


何人かのヨガの指導者
田中角栄
ニクソン大統領
シャーリー・マクレーン

などが登場します。

~ブログ内カテゴリー Bikram Yoga☆1、☆2、☆3、☆4.☆5、本を読むのと同じ順に並べました~
一冊の本との出会い
YOGAの究極の目的
ボディ、マインドを100%使うと・・・
甘いキャンディー欲しさにヨガ・・・
ビシュヌ・ゴーシュとの出会い


ヨガによる奇跡
多くの人を救いたい
シャーリー・マクレーンとの出会い
Bishnu Ghosh(ビシュヌ・ゴーシュ)の最期の言葉・・
ニクソン大統領との出会い


大統領から手渡された封筒
☆グリーンカード☆が。。。
ビバリーヒルズでの教室
Yoga , Hatha Yoga 言葉のルーツ
ハタヨガはヨガの,ほんの一部


食べ物について
アメリカにヨガを伝える
アメリカにヨガが伝わる。。。ヨガナンダ
ヨガナンダとビシュヌ・ゴーシュ
インドでは存在しないヨガが。。。


26のポーズはどのように完成したのか?
26のポーズ 続き
なんであんなに暑い温度の中でヨガをするのか?
なぜ 瞑想の時間がないの?
だから、毎日、体の掃除をしなければならない


~肺と呼吸~
イスラエルの若者
~心臓と肺の関係~
~血液と循環~
エネルギーの20%を使う脳


~脳~ネガティブなケミカルのバランス
~背骨①~
~背骨②~
~背骨③~
~ヨガの力~その1

~ヨガの力~その2
~ヨガをするにあたり~固定
~ヨガをするにあたり~正しく挑戦
プラナヤーマ(完全呼吸法)
①半月のポーズ

②手と足のポーズ
ヨガとストレス
③ぶかっこうのポーズ
④ 鷲のポーズ
⑤立位でおでこを膝につけるポーズ


⑥ 立位で弓を引くポーズ
⑦天秤のポーズ
~ヨガと不眠症~
⑧ おでこを床につけるポーズ
⑨ 三角のポーズ

51 ⑩ 立位でおでこを膝につけるポーズ
52 ⑪ 立木のポーズ
53 ⑫ つま先で身体をささえるポーズ
54 ⑬ しかばねのポーズ
55 ⑭ガス抜きのポーズ

56 ⑮起き上がりのポーズ
57 ⑯コブラのポーズ
58 ⑰バッタのポーズ
59 ⑱飛行機のポーズ
60 ⑲弓のポーズ

61 ⑳わり座のポーズ
62 ㉑ やさしい亀のポーズ 
63 ㉒ ラクダのポーズ
64
65

66
67
68
69
70

②その時わかった事


〜〜人生初の自分で考えなければならない悩み〜〜

人生初の1人で解決しないとならない悩みにであった20歳

自分が原因でまねいた出来事だし

人を裏切ってしまったという罪悪感
今、思えば、大した悩みではないけれど

その時は最大級

自分で解決しなければと
深く奥に入っていった


シンプルなヨガのポーズを繰り返し行い
自問自答を繰り返した


あーでもない
こーでもない
どうしたら良いのかと?
シンプルなヨガのポーズをとりながら
自問自答

ドツボの中に入り自問自答
繰り返す同じ質問と答え
数週間


〜〜そして〜〜

おそらく頭が考える事がなくなって空っぽになってしまったのか?
疲れて頭が働かなくなったのか?

ユックリと1つ1つのポーズを瞑想状態で
眉間に意識を集中して行っていたせいか

一瞬、まばゆい光が体を突き抜けた瞬間に

私は私でいいんじゃないのと
ひとことで言ってしまえばそれだけの事ですが
お腹の底からわかりました

光に包まれた後
なんだ、私は私でいいんだ〜〜と
思った通りにすればいいんだ〜〜と
ふーっと楽になり

瞬時にすべてが感謝の気持ちに変わり
涙が何日も何日も止まらない

ヨガを一生続ける決心をしたのも
この時です

あんなに嫌いだった
環境や、親に、感謝の気持ちがわきあがり
涙、悲しい涙ではなく、感謝の涙

見るものすべてが、今までと同じ物をみているのに
物質にも生命を感じて
輝いてキラキラと見えて

すべてが愛おしい

小さな悩み事も
大きな悩み事も同じで大小では無い事

一つの事をとことん突き詰めると
普段の目に見えない領域に達すること
それは芸術と同じであること
すべては芸術でありうること
すべては必要で起こっていること

感謝の気持ちだけは忘れないと思ったこと

死に対する恐怖が無くなったこと

私は私で良いのだと強く強く理解したこと
(私は私で人と比べることは、基本的になくなった)

自分にはどんな可能性もあること

悩み事はより良くなるためにやってくるので
それを超えてゆけばよいこと
乗り越えないと繰り返しやってくる事
乗り越えられない出来事はやってこない事


世の中には、真実は、限りなく少ないこと
人々はコントロールされているようで
本当はもっと生き生きとした存在になれること


子供の教育、人、に本当に必要なのは経験であること

様々な宗教は、それぞれの地域、人種に合うように存在していること
そして、ルーツは一つであること
などなど。。。
エトセトラ。。。


とにかく、瞬時にいろんな事がわかってしまった


〜〜わかって 満たされて幸せ しかし 孤独〜〜

上記の様に、分かった事がたくさんあったけれど孤独

身近に共有できる人が誰もいない
理解しようとしてくれた人もいたけれど

他を否定する宗教は本物ではない事
どこにも所属せず
そして、孤独


本を探すにも般若心経1冊読んだだけ
なんだか分からないけれど分かった

自分の経験はなんだったのか?
探求を続ける長い期間



〜〜ある意味危険〜〜
ある意味危険でもありました
自分が偉くなったかのような錯覚がありました。


キチンとした訓練を積まないで、似たような経験をする人の中には
精神が壊れてしまう場合がある事も後から知りました。

瞑想状態で、偶然に起こったできごとでしたが、あまりの衝撃の強さに

瞑想して同じ体験を再度したい気持ちと、慎重な気持ちとの間に長い間いました。




〜〜普通に生活〜〜気がついてから約10年〜〜
分かったけれど悩みはある
就職、結婚、子育てと
自分の体験解明を求め続けながら
普通に生活

悩みはいろいろやってきたけれど
解決すれば良い事だけは
確実にわかっていたので
いつも気持ちは前向き



〜〜読書の日々〜〜
32歳、友人がアウト・オン・ア・リムを教えてくれて
夢中になって読み
その1冊からスタートして
精神世界探求の読書の旅に出る
本を読みあさる時期に入りました

現在に至るまで
山ほどの本を読みました。

一番自分に近かった体験は、臨死体験の話でした。


〜〜自分なりの思い込みと生き方〜〜
不思議体験の時の光はなんだろう?と
ずっと考え、ダイアモンドの光と同じだと思うことを閃きました。
なんの根拠はありませんが、直感でそう思いました。
完璧に磨かれた全ての光を跳ね返す
すべてを含む7色の光、すべてを含むと透明になる光

人間はダイアの原石と考えたら分かりやすいな
人間磨きをして不要な物を削っていくのだな
そんな風に行きて生きて行きたいなと
その思いは今も変わっていません。

〜〜現在〜〜
同じような思いを共有できる
仲間と、ここ数年出会える機会を得て
ストレスフリーな日々です
そのような時代になってきたようです。


トラブルはあっても
解決していけば良いので
自分が丸あるくなれるように起こっているのだから
気持ちはいつも前向きです

世の中は、小さな日々を丁寧に生きる事が
世界の、宇宙の調和に繋がると信じて、ささやかにヨガ教室を続けています。

長文、読んでいただきありがとうございました。









サイトマップ

体験申し込み・お問い合わせ